都市交通の課題をシミュレーションで変革

May Mobility (以下、May) は、自動運転による交通手段を通じてより良い生活の実現を目指しています。May は、今日のコミュニティで機能するソリューションを提供し、人々がより少ない運転でより多くの生活を送ることができる未来への道を加速しています。自動運転システムが交通の信頼性を高め、道路をより安全にし、より良い土地利用を促して、より緑豊かで活気のある住みやすい空間を育む世界を実現することが、Mayの目標です。
ミシガン州アナーバー市
本社
2017
設立
230
従業員数(2022年)
"実世界におけるデプロイに重点を置くことで、サービス利用者が喜ぶことを学ぶと同時に、運用能力を高めることができます。Appliedのチームは、この開発手法を可能にするツールを備えており、同時に経済的にも合理性があります。"
Edwin Olson 氏
May Mobility 共同創立者兼CEO
目標
May Mobilityは、公共交通機関を補完し、安全で持続可能な共有モビリティソリューションを提供するため、米国内の数都市で自動運転シャトルサービスを展開しています。現在、同社の自動運転シャトルにはフリートアテンダント(安全運転手)が同乗していますが、将来的には完全自動運転車をより広い地域で展開することを目指しています。

また、乗車される方の安全と快適性を最優先に考えています。自動運転システム開発のビジョンを達成するために、May では以下のような開発領域に注力しています。
アジャイル開発: 運用上の問題を量産車両で即座に解決する。
配備前にリグレッションをキャッチする: 毎週、毎月のソフトウェアアップデートが出荷される前に、リグレッションが運用車両に入るのを防ぐ。
アクティブフリートラーニング: 現場で発生した異常を開発・検証のためのテストケースにすることで、自律走行機能の改善を継続する。
ミシガン州グランドラピッズで操業するMay Mobility
"Applied のチームは、私たちが求める機能を追加してくれる良きパートナーであり、それが社内でSimulation Flywheelを発動させるきっかけにもなっています。将来的には、シミュレーションを利用して離脱をより適切に分類することを計画しています。"
Kamil Litman 氏
May Mobility、ソフトウェア担当副社長
アプローチ
MayはApplied Intuitionと提携し、同社の自動運転シャトル技術の安全性、快適性、性能のテストに、より俊敏性と効率性を持たせることに成功しました。
安全でクリーンなサービス利用者の体験向上のためにClean Shuttleの機能強化が施されたMay Mobilityの自律走行シャトルに乗るサービス利用者たち。
シミュレーションフライホイール: テスト駆動型アプローチとは、開発チームがより多くのシナリオ、テストケース、継続的インテグレーション(CI)テストを実行することで、開発がより速くなり、リグレッションの発生頻度が低くなる手法のことです。
快適性をテストするカスタムオブザーバー: Mayの開発チームのために開発されたカスタムオブザーバーは、サービス利用者の快適性をテストします。
ソフトウェアアップデート前のソークテスト: 従来の固定路線で行われる長時間のソークテストを、シミュレーションベースのアプローチに置き換えました。さまざまなシナリオを迅速に作成し、ソフトウェア更新前に安全性を確認することができます。
走行データの自動評価: Appliedのソリューションは、車両群によって収集された数時間分の走行ログから、プログラムによって異常やその他の注目すべき事象を見つけ出し、再シミュレーションのためのテストケースに変えます。
継続的な開発: Applied のCIシステムにより、自律走行ソフトウェアの不具合や根本原因を特定し、新しいソフトウェアをデプロイします。
新機能の開発期間短縮: Applied のシミュレーションツールはアルゴリズムの迅速な開発をサポートし、障害物のない右折などの新機能のテストや、シナリオのデータベースに対するシステムパラメータのトレーニングが可能です。
"Appliedのシミュレーションツールは、エンジニアリングのペースを速め、開発/テスト/デプロイサイクルの早期にリグレッションを検出し、システムの実性能を分析するために活用されています。

従来は現場でソフトウェアのルートカウンティングやデバッグを手作業で行っていた時間を節約し、同時にシステム性能に関する詳細な洞察を得ています。"
Sean Messenger 氏
May Mobility シニア・ロボティクス・エンジニア
効果
時間とリソースの節約
May Mobilityは、ソフトウェアをフリートへデプロイする前に、シミュレーションで自動的にリグレッションを検出することで、エンジニアリング時間を何時間も節約しています。
高品質なサービス利用者のユーザ体験
現実の世界でリグレッションに遭遇するのではなく、シミュレーションでリグレッションをキャッチすることで、サービス利用者の高品質なユーザ体験が保証されます。
新しいODDへの拡張
シミュレーションを開発サイクルに組み込むことで、新しいODDへの展開をより迅速に行うことができます。